アレも欲しいコレも欲しい

欲しいモノや買ったモノの紹介

薬が手放せないオッサンが健康を維持していくためにはダイエットも必要

薬が手放せないオッサンが健康を維持していくためにはダイエットも必要

 

ダイエット

 

 

 

 

とうとう薬が手放せない体になってしまいました

寄る年波には勝てず病院巡りが欠かせなくなりました。

4.5年前までは医者にかかった事もほとんどなく、保険料がもったいないと思っておりましたが !

一つ悪いところができると、次から次へとそりぁもー大変です。

 

ただ腰痛だけは若いころからずいぶん長く付き合っております。

きっかけはギックリ腰です。

身長もありませんが、体重は50Kgをきっておりみんなに驚かれるほど軽量でした。

そんな体格で大型トラックに乗り、長距離輸送をやっておりました。

 

まだ高速道路も完備されておらず、辛うじて名神高速道路が開通した頃です。

当時も当然人手不足は当たり前で、ワンマンで西に東に飛び回っておりました。

ほとんどが市場関係でしたが、関西方面の市場は荷下ろしを手伝ってくれましたが、東京の市場は降ろす場所を指示するだけで、手伝ってはくれません。

 

10トン車の野菜を一人で降ろすのは大変です。

その頃はリフトもありません。

正確には貸してくれるリフトはありませんでした。

改造した10トン車のアオリを一人であげるのは、荷物を降ろす以上に大変です。

 

ギックリ腰をやっちゃいました

ギックリ腰

そこでギックリ腰をやっちゃいました。

なんとか帰ってはこれたものの、痛いのなんのってたまりません。

トイレに行くのも這っていくありさまです。

翌日病院にいくためにタクシーを呼んではみたものの、タクシーに乗るのも運転手さんのお世話になる始末です。

 

石膏で型を取ってコルセットも作りましたが、あれはとても苦しいものです。

日常の動作にも支障をきたしますので、作ってはみたもののあまりつける事はありませんでした。

簡易なゴム製のコルセットはつけてはみたもののあまり効果は感じられません。

 

ギックリ腰が治まってからも、それ以来腰痛には悩まされております。

病院もあちこちかわったり、リハビリやマイクロ治療も受けましたが、これといったものはありませんでした。

以後は飲み薬と湿布だけです。

 

痛風にも罹患してしまいました

痛風

2013年には痛風になってしまいました。

昔は「贅沢病 」などと呼ばれておりましたが、貧乏暇なしでそんな贅沢もできるわけもないのですが !

 

最初は痛風と分からずに疲労骨折かと思ってしまいました。

丁度一週間ほど前からウォーキングをはじめておりましたので、その影響で骨折をしたのかなと思いました。

ギックリ腰も痛いですが、痛風の痛みもハンパないです。

 

一週間後に一年に一回のアマチュア無線のミーティングが京都で控えておりました。

年に一回の事なので何としても参加したい !

そのためには病院に行ったらギブスをされるので、参加できなくなる !!

一週間痛みをこらえて、なんとか参加する事ができました。

 

幸い左足なので靴は履けませんが、サンダルでクルマなら何とか乗れます。

ミーティングの帰りには、京都に嫁いでいる娘と昼食の約束をしておりました。

東急ホテル」と場所だけは分かっておりましたが、駐車場が地下なので携帯が繋がりません。

 

痛い足をひきづってエレベーターで、携帯の繋がるロビー迄。

なんとか娘とも連絡が取れ予約してくれていた個室で久し振りの娘との会食。

でも帰りがクルマなので、ノンアルコールでは少々物足りません。

さらに桑名の二女のウチまでサンダル履きでクルマの運転。

 

この時点ではまだ骨折と思い込んでおりますが、二女夫婦の見立てで痛風ではないかと宣告されました。

二女夫婦は二人とも医療関係の仕事をしております。

相変わらず痛みは引きませんが、やっとノンアルコールでない本物のビールとご対面できました。

 

二女宅で一泊して帰りにそのまま病院に直行、ここで正式に痛風と診断されました。

ここから病院のはしご生活がはじまります。

ほどなくして胃潰瘍と高血圧と診断され、一気に薬の量が半端なくなりました。

朝食後に8錠で夕食後が6錠。

 

薬が手放せない生活がはじまりました

薬漬け

 朝食後に8錠で夕食後が6錠も大変です。

薬のせいかどうか定かではありませんが、あまり食べ物に味がないのです。

味覚障害が疑われましたので、医者と相談の上亜鉛入りの胃薬を処方してもらっております。

 

あまり強くはないのですが、お酒は好きでもう何年も一日として欠かしたことがありません。

あぁー一日だけありました、胃潰瘍の検査の前日に泣く泣く断酒しました。

お酒のつまみにおいしいモノはたいがい痛風にはよくありませんが、特別気にして避けてはおりません。

 

ただ意識して水分はたくさん摂るようにしております。

いろいろ試してみましたが痛風に一番効果的なモノはやはり水でした - アレも欲しいコレも欲しい

劇的に尿酸値が下がりました。

 

中年太り ! いや老年ぶとり

ダイエット

 

若いころは50Kgを切っていた体重も、中年期はさほどでもなかったのですが、ここ最近は気になっております。

穿けていたズボンがまったく穿けなくなってしまいました。

ウェストの調節のあるモノは何とかなるやつもありますが !

 

ハッキリとした記憶はないのですが、やはり痛風を発症した頃から徐々に体重が増えてきたように感じております。

腰痛にも痛風にも高血圧にも水は有効ですが、ダイエットも効果があります。

骨折と勘違いして以来ご無沙汰しているウォーキングも暖かくなったら始めてみようと思っております。

 

できるだけ食べるものやアルコールを制限してのダイエットは避けたいものです。