アレも欲しいコレも欲しい

欲しいモノや買ったモノの紹介

看板も掲げてないのにアポなし訪問で無線機の持ち込み買取 依頼

看板も掲げてないのにアポなし訪問で無線機の持ち込み買取 依頼

 

FR-101

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

 

思いがけない突然飛び込みの買取依頼

飛び込み

朝のルーティンである出荷作業を終えて少しノンビリしていると、玄関のチャイムが

「ピンポーン」

対応に玄関に出るといきなり「この無線機を買ってくれませんか ?」

看板を掲げていない古い一般の住宅の当店にとってははじめての経験です。

 

買い取りの依頼をしてくる時は前もって電話なりメールで問い合わせがありますが、

今回のように突然の訪問の上での買取依頼には少々驚きました。

 お持ちになられた無線機はモービル機3台と外部スピーカー、モービルアンテナを3点です。

 

査定額を告げると納得していただきましたが、たまたまこの時は手持ちのお金がありましたから無事取引が成立しましたが、貧乏ヒマなしで自転車操業の当店では手持ち資金がない事は日常茶飯事です。

 

この事だけで十分驚かされましたが、この日はさらなる驚きが !

取引成立から30分も経たないうちに買取依頼の電話がかかってきました。

内容的には受信機が1台だけなので、出張買取であれば迷わずお断りする案件です。

しかし持ち込みとなると状況はかわってきます。

 

こんなありがたい話はありません。 

「今から持参します」との事ですが、さきほどの支払いで資金が底を尽きました。

お隣の豊橋市からお見えになりますので、その間に近くのコンビニまで走ります。

一番近いのはファミリーマートです。

 

ファミリーマートのATMでゆうちょ銀行の手数料が無料なんて大ウソだ - 懐古オヤジのボヤキ録

最近ここのATMも大垣共立銀行系のゼロバンクから郵貯銀行に変わりましたので、手数料が無料になりました。

  

豊橋市からお持ちいただいたスタンダード DR-150

DR-150

 

ほどなくして持ち込まれた受信機はスタンダードのVR-150というコミニュケーションレシーバーです。

 

一部周波数帯を除いて0.1~1299.995MHzをフルカバーしております。

グレードアップした盗聴発見器能を搭載しております。

どこでも補充できる単3乾電池2本で連続20時間の長時間の受信が可能です。

DC/ACどちらでも充電可能な外部電源端子を装備しております。

モリーは1000チャンネルの大容量メモリーであらかじめ短波放送、AM放送局やFMのラジオ放送局もプリセット済みです。

鉄道無線用空線スケルチ機能搭載

AMラジオ用バーアンテナ内蔵

寸法:59(W)×85(H)×26(D)mm(突起物含まず)

質量:約195g (アンテナ、単三乾電池含む)

 

大変状態は良好で、付属の外部アンテナは新品同様です。

AM,3.5MHz,7MHzで動作を確認しましたが、不備な点はなく元箱も付いているのでそのままヤフオクに出品できます。

アマゾンのFBAは最近利用しておりませんので、ヤフオクの一択です。

 

連絡なしで持ち込みのケンウッド TM-732

TM-732

 

TM-732の取扱説明書

ケンウッドのデュアルバンドFMトランシーバーTM-732は同じようなシリーズでTM-7XX,TM-8XX,TM-9XXとありました。

このシリーズの無線機は過去にも結構買取をしました。

なかでもTM-942のトリプルバンダーは私のお気に入りで、新品で購入して現在もクルマに積んでおります。

 

 

デュアルバンドFMトランシーバーのTM-732はウチの固定機TS-790と送受の相互テストとクラニシのRW-150Dでパワー測定。

経年変化なのか若干パワーが少なめですが、問題にならないレベルです。

 

 

同時に持ち込まれたアイコム IC-2350D

IC-2350D

 

IC-2350D取扱説明書

アイコムのIC-2350DはケンウッドのデュアルバンドFMトランシーバーTM-732同様

144MHz,430MHz,FMのツインバンダートランシーバーです。

この時期には各社から同じようなトランシーバーが選択に迷うほど出ておりました。

144MHz,430MHz,FMのツインバンダートランシーバーが売れ筋でした。

 

「どの機種がいいですか?」とお客様から問い合わせが時々ありますが、これはもう各自の好みに任せるしかありません。

性能的には各機種とも似たりよったりです。

どの機種がおススメか答えにくいです。

 

IC-2350Dも前記のTM-732同様固定機TS-790と送受の相互テストとクラニシのRW-150Dでパワー測定をしましたが、144MHz帯も430MHz帯も規定出力の50Wは十分でております。

 

持ち込まれたアルインコ DR-610

DR-610

 

DR-610取扱説明書

アルインコのDR-610も前述のIC-2350D,TM-732と同じく144MHz帯と430MHz帯のFMモードのツインバンダートランシーバーです。

お話を伺ったところでは狩猟をやられていたようで、これらのトランシーバーは仲間たちとの連絡用に使用していたようです。

 

アルインコのDR-610もまったく問題ありませんが、144MHzより430MHzの方がパワーが出ています。

搭載されたパワーモジュールの個体差によるものと思われます。

 

他に持ち込まれたモービルアンテナ類は梱包に困るので、JARL支部の大会等のジャンクでさばいてはおりますが、売れ行きは芳しくなく倉庫にはアンテナと同軸ケーブルの山です。

 

電源についてはこちらを参照ください

無線機のエネルギーは電源 | アマチュア無線用の電源出力別 - アレも欲しいコレも欲しい

アンテナについてはこちらを参照ください

アマチュア無線家におススメのアンテナアナライザー3選 - アレも欲しいコレも欲しい